フルスタックエンジニアのノウハウ
2020.11.12    2020.11.13

聞いて覚えるプログラミングシリーズ「PHPとは何か?」【文字起こし】

聞いて覚えるプログラミングシリーズ「PHPとは何か?」【文字起こし】

この記事は、【聞いて覚えるプログラミングシリーズ】の文字起こしです。


PHPとは何か?


PHPは、Web開発に適したプログラミング言語です。


Webサイトは「HTML」を使って作られていますが、HTMLだけでは固定的なWebサイトしか作ることが出来ません。


例えば、


ユーザーごとに異なる内容を表示させたり、
ユーザーからの入力を受け付けたり、
ユーザー登録やログインなどを行ったり


HTMLだけでは、このような機能的なことを行うことが出来ません。


こういったことを行うためには「プログラミング言語」が必要になります。


PHPは、こういったことを行うことが出来るプログラミング言語の1つです。


プログラミング言語には、PHPの他にも、C、Java、Ruby、Python、Perlなど様々な種類があり、書式や構文の書き方などが異なりますが、最終的に出来ることには大差はありません。


これらのプログラミング言語の中から、どれか1つを選んでWebプログラミングを行っていきます。


PHPは、HTMLとの親和性が高く、特にWeb開発に向いているプログラミング言語です。


HTMLのソースコードの中に、必要に応じてPHPのコードを埋め込むことが出来るため、HTMLを拡張するような感覚で直観的に組んでいくことが出来ます。


PHPのコードを埋め込む際は、PHPの開始タグ <?php と終了タグ ?> で囲むことで、その中だけPHPモードになり、PHPの様々な処理を書くことが出来ます。


PHPは、クライアントサイドのJavaScriptなどと異なり、サーバー上で実行されます。


PHPのコード部分がサーバー上で処理された後、最終的に出力されたHTMLだけがユーザーに送信され、画面として表示されます。そのため、ユーザー側からは、単純なHTMLにしか見えず、裏側でどんなPHPコードが書かれているかを知ることは出来ません。


PHPは、初心者向けに非常に分かりやすいプログラミング言語になっており、書式上の固い決まり事や、コンピューター処理の深い知識を意識しなくても、カジュアルにコードを書いていくことが出来、初心者でも数時間で簡単なコードが書けるようになります。


その一方で、プロが本格的なWebシステムを構築する際に使用することも可能で、多くの有名サービスや、企業向けシステムでもPHPが採用されています。


開発案件でも需要の多いプログラミング言語です。


また、多くの開発者に愛用されており、歴史も古いので、情報源も多いです。


プログラミングでは、分からないことがあったり、問題が発生した場合は、同様の事例や解決策をインターネットで検索することが頻繁にあるため、情報源が多いことは非常に重要な要素です。


以上、今回は「PHPとは何か?」についてのご説明でした。


この記事の動画版はこちら

チャンネル登録お願いします!


おすすめ記事
無料メルマガ配信中