フルスタックエンジニアのノウハウ
2021.04.08    2022.01.31

TIPS角丸テキストボックスの作り方

TIPS角丸テキストボックスの作り方

この記事の動画版はこちら

チャンネル登録お願いします!


今回は、このような角丸テキストボックスの作り方をご紹介します。




角丸テキストボックスは、CSSの「border-radius」というプロパティを使うことで簡単に作ることが出来ます。


通常のテキストボックスはこただの四角になりますが、角丸にすることでデザイン表現の幅が広がりますので、皆さんも是非、自分のできることの1つに加えてみてくださいね。



まずは、HTMLにinputタグでテキストボックスを追加します。



テキストボックスは、素の状態だとこんな感じですね。




これに、CSSで「border-radius」を指定していきます。


inputタグにclassを指定して、このclassに対してborder-radiusプロパティを指定していきます。



border-radiusは、四つ角それぞれの丸みを個別に指定できます。


【border-top-left-radius】左上の丸みを指定
【border-top-right-radius】で右上の丸みを指定
【border-bottom-left-radius】で左下の丸みを指定
【border-bottom-right-radius】で右下の丸みを指定





まずは、全部の丸みを「10px」に指定してみました。


ブラウザを再読み込みしてみると、このように、角丸になりましたね!



丸みを5pxに変更してみると




丸みが少し小さくなりました。




四つ角に別の数字を指定して




このようないびつな形にすることもできます。




四つ角を1行でまとめて指定することもできます。


まとめて指定する場合は「border-radius」というプロパティを使います。



指定する値は、このように左上から時計回りで順番に指定していきます。


四つ角全部を同じ値にするなら、このように1つ書くだけでもOKです。




角丸にするだけならこれで終わりなんですが、枠線の色がおかしくなってしまっているので、調整していきます。




borderプロパティで枠線の太さと線種、色を指定します。




これで良い感じになりました。




あとは、テキストボックスを選択すると、このように元々の枠が表示されてしまうので、これも調整しておきます。





フォーカス時の「outline」プロパティを0に指定して、選択された際の枠線の色も指定します。

綺麗な青にしてみましょう。




テキストボックスを選択すると、角丸の枠線が青く選択されるようになりました!






border-radiusは、テキストボックス以外の要素にも使えますので、皆さんも色々試してみてくださいね!


おすすめ記事