フルスタックエンジニアのノウハウ
2020.04.25    2020.05.23

XAMPPでApacheがStart出来ない場合の対処方法

XAMPPでApacheがStart出来ない場合の対処方法

こんにちは、徳田 啓です。
Webプログラマー歴20年、【フルスタックエンジニア マスター講座】を運営しています。(生徒数1,800名突破)

この記事では、XAMPPでApacheがStart出来ない場合の対処方法をご説明します。

現象


XAMPPで「Apache」のStartボタンを押しても、すぐにボタンがStartに戻ってしまう。




確認ポイント①「ポートは競合していないか」


XAMPPの画面の右のほうにある「Netstat」というボタンをクリックします。


すると、このような画面が表示されるので、画面上部の「Port」という部分をクリックします。



Portという列に「80」と書かれている行があるかどうかチェックします。



80という行が無い場合


⇒確認ポイント①は問題ありません。確認ポイント②へ進んでください。


80という行があった場合


⇒Nameの列に書かれている名前を調べます。


【Nameが「Skype.exe」となっていた場合】
⇒パソコンに入っているスカイプと競合してしまっているので、スカイプを終了させてから、再度Startボタンを試してみてください。


【Nameが「System」となっていた場合】
⇒インターネットインフォメーションサービスと競合してしまっているので、以下の手順で無効化してみてください。

①PCの画面左下のWindows(窓マーク)をクリックして、歯車のアイコンをクリックします。



②その中の「アプリ」をクリックしてから画面右上の「プログラムと機能」をクリックします。



③左にある「Windowsの機能の有効化または無効化」をクリックします。


④下の方にある、「インターネットインフォメーションサービス」の左の+をクリックして展開し、「World Wide Webサービス」のチェックを外して「OK」ボタンをクリックします。


⑤再度、XAMPPにてApacheのStartボタンを試してみてください。


確認ポイント②「設定ファイルの記述ミス」


Apacheの横にある「Logs」ボタンをクリックし「Apache(error.log)」をクリックします。

すると、ログファイルが開きますので、末尾までスクロールして最新のログを確認してみます。


設定ファイル(httpd.conf)に記述ミスなどがある場合、このログファイルにエラーの詳細が書かれている可能性が高いので、それを参考にエラーの箇所を特定し、修正します。

まとめ


XAMPPでApacheが起動しないときのチェックポイント

  • 80番ポートが使用されていないか(Netstatボタンで確認)
  • 設定ファイル(httpd.conf)に記述ミスがないか(ログファイルを確認)



なお、MySQLがStart出来ない場合の対処方法はこちらの記事もご覧ください。

関連記事

【調査実演】XAMPPのMySQLが起動しない場合


おすすめ記事
無料メルマガ配信中