SENSE SHARE
2012.10.20    2018.05.25

白紙のキャンバスから物を生み出すプログラマー

白紙のキャンバスから物を生み出すプログラマー

本記事の内容

プログラマーはまるで錬金術師⁉
何もないところから価値あるものを創り出す。
プログラミングスキルを身につけたからこそ言える
「物の価値」「働き方」の考え方とは。

プログラマーは画家や音楽家と似ている


画家が白紙のキャンバスに絵を描く、
音楽家が白紙の五線譜に曲を書く、
そしてそのものに価値が生まれる。

「もの」を創り出すという点で
プログラマーは画家や音楽家と似ているかもしれません。

まったく何もない白紙の状態から
プログラムを描いていくことで
出来上がった「もの」に価値が生まれる。

実際の材料は違えど、まるで錬金術のようですね^^


錬金術と言えば、「鋼の錬金術師」ってご存知ですか?
すでに最終回を迎えていますが、
アニメや映画にもなっていたので有名ですよね?

鋼の錬金術師では
「この世は全て等価交換」と言っています。

要するに

「あるものを手に入れたければ、
それと同じ価値のものを差し出さなければならない。」

ということです。

劇中では、錬金術師達は
魔法のように物を生み出すことが出来るのですが
それと同じ価値のもの(材料)を差し出している
という設定でした。

死んだ人間を錬金術で蘇らせようとして
人を構成している物質と全く同じ材料を準備し
錬金術実行したところ、

失敗。

錬金術師の体の一部が逆に持っていかれてしまう。。

それは「魂」の分が足りなかったから
という設定はなかなか面白かったです。

もし読んだことなければ
是非漫画で読んでみて下さい。

等価交換という考え方



等価交換という考え方は
現実社会でも基本になっていて
需要と供給が合致すること、
それが交換の第一条件となります。

例えば、本が欲しければ手に入れるために、
それと同価値のお金を差し出しますし、

逆に、何か物を売れば、
同価値のお金や物を手に入れられます。

では、毎月の給料は?
これは、会社で1ヶ月働いた
「労働」に対しての対価、すなわち交換価値なわけです。

プログラムも絵画も音楽も
作るときには「労働」を伴います。

では買う人は、この「労働」に対して
お金を払っているのでしょうか。

ちょっと違うかもしれませんね。

絵画だったら、部屋の雰囲気を良くしたり
眺めていて心が安らいだり
高級な絵画を手に入れるというステータスだったり
そういう使用価値を感じて対価を払っているわけです。

プログラムに求めるものは使用価値



プログラムもそうです。
それを手に入れることで、自分や自社の仕事が楽になったり
安全になったり、拡大したりして、
プログラム自体が使用価値を生み出すので
お客さんはそのプログラムを買うんです。

そこにどれだけの時間、労働しているか
なんて関係ありません。

さらに、プログラムはコピーできるので
1度作ったプログラムに対して
同じ価値を感じてくれる人がいれば
2本目以降は、極端な話「労働ゼロ」で
対価を手に入れられるわけです。

そう、プログラムの価値は複製できるんです。

現実社会は「等価交換」。
これは間違いありませんが、
プログラミングスキルを身につけることで
そういった「価値の生成方法」がある
ということを知って下さい。

同じプログラミングスキルを持っていても
働き方を変えなければ
こういったことは出来ないかもしれません。

せっかくのスキルを労働力として提供しているだけでは
とてももったいないです。

スキルは
複製できる価値を作るために使って下さい。


メルマガでは
プログラミングを未経験者にも分かりやすく
1から教えています。

皆さんもぜひプログラミングスキルを身につけて
価値を創造できるようになってみてはいかがですか?

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。