独立系プログラマー育成ブログ | SENSE SHARE

プログラミング・プログラマーとは | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

プログラミング・プログラマーとは | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

プログラミングとは


プログラミングとは、「プログラムを作るという行為」の総称です。

プログラムを作る行為は厳密には、

  • ソースコードを書く行為
  • バグを見つけて取り除く行為
  • プログラムの動作をテストする行為

といったようにいくつかの工程が存在しますが、

プログラミングという言葉は、広義には上記全てを指し
狭義にはソースコードを書く行為を指します。

なお、ソースコードを書く行為は「コーディング」とも呼ばれ
最近ではこちらの方が一般的かもしれません。

ちなみに、バグを見つけて取り除く行為は「デバッグ」と呼びます。

プログラマーとは


プログラマーとは、「プログラミングを行う人」のことです。

一般的には、プログラミングを仕事として行っている人、
またはその職業のことを指します。

システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違い


よく、システムエンジニア(SE)とプログラマー(PG)の違いを聞かれます。

開発会社などでは、
システムエンジニアは設計などの上流工程まで行える人材
プログラマーは開発工程(プログラミングや検証)のみを行う人材
といった意味で使い分けられます。

これからプログラマーを目指すなら


ただし、最近ではプログラマーといっても、

  • アプリのコンセプトメイキングから設計
  • プログラミング
  • デザイン
  • サーバー構築

これらを1人でこなすスキルを持った人も増えてきています。

アイデアをすぐに実現するスピードが要求されるこれからの時代は
そういったマルチな才能のプログラマーが重宝されます。

目指すなら、このレベルのプログラマーがいいと思います。

僕の講座のカリキュラムは、こういったプログラマーを育てるために組んでいます。

興味のある方はぜひメルマガにご登録を。

それではまた。


プログラミング初心者のための分かりやすい用語集はこちら

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。