SENSE SHARE
2016.07.13    2018.08.19

サーバーとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

サーバーとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

本記事の内容

こんにちは、ハルジオンです。

「プログラミング初心者のための分かりやすい用語講座」シリーズ

今回はサーバーについてお話します。

サーバーとは


サーバーとは、24時間365日稼働しているコンピューターのことです。

Webアプリケーションは、世界中のユーザーから
24時間365日いつでも利用出来なくてはなりません

ということは、Webアプリケーション設置するコンピューター
常に稼働させておかなくてはならないということです。

関連記事

Webアプリケーションとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説
2016.07.13
プログラミング初心者のための分かりやすい用語講座シリーズです。知っているとちょっと自慢できる(かもしれない)ミニ知識が満載です。ぜひご参考になさってください。

サーバーの設置はデータセンタ―に



極端な話、自宅のパソコンでもWebアプリケーション稼働させることが出来ます。

しかし24時間電源を落とさずに稼働させておくと
電気代がとても高くなりますし、パソコンの寿命も短くなります。
停電などによる稼働停止のリスクもあります。

こういったリスクを避けるため、通常はデータセンターと呼ばれる
専用の施設にサーバーを設置します。

データセンターでは自家発電やバックアップ装置による停電リスクを回避しており
専門のエンジニアによりサーバーが正常稼働しているか常時監視されています。

以前は、データセンターにサーバーを預けるのは非常に高価でした。
(サーバー1台につき月額数万から数十万円)

しかし最近ではレンタルサーバーサービスレベルがとても向上しており
安価(月額数百円から)でこのような環境が実現出来るようになりました。

この辺りも、初心者がプログラミングに参入しやすくなっている理由の1つです。

1人で自宅にいながらにして、世界中から利用されるような
大規模なWebアプリケーションを運営することも可能になっているのです。

プログラミング初心者のための分かりやすい用語集はこちら

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。