独立系プログラマーのノウハウ

プログラミングが小中学校で必修科目に(安倍総理)

プログラミングが小中学校で必修科目に(安倍総理)

2020年から小中学校でプログラミングが必修科目になります。


安倍総理は、2020年からプログラミング教育を小中学校で必修化すると名言しました。

プログラミング教育を小中必修に 安倍総理が提言
https://youtu.be/H7rt87ww8HY

政府が推し進める第4次産業革命を担う人材を育成するため、
プログラミングスキルが必須であると考えてのことです。

動き出すのが遅い気もしますが、とても良い傾向だと思います。

これからの時代、インターネットの利用がどんどん多様化し、
利用者もさらに増えていく中で、プログラミングスキルは
英語以上に重要なスキルになっていくと思います。

これは決して遠い将来の話ではなく、現時点でも
プログラミングスキルを持っていることで
多くのメリットを享受することが出来ます。

学ぶのは子供だけで良いのでしょうか?


2020年、つまり数年後には小中学校で国語や英語と同じように
プログラミングが一般教育に導入されます。

将来を担う子ども達の教育も、もちろん重要ですが
本当にそれだけで良いのでしょうか?

今の社会を支えている大人たちは学ばなくて良いのでしょうか?

大人たちこそ、プログラミングスキルを学び、自分の仕事に活かし
そしてそれを子供に伝えていくことが必要だと思っています。

プログラミングは、正しい方法で学べば難しいことも、
学び始めることに遅いことも決してありません。

安倍総理は、海外からも人を集めるために永住権の取得を迅速化すると言っていますが
海外の人材に頼る前に、まずは僕たち社会人がプログラミングを学びましょう。

それが、将来を見据えた本当の意味での人材育成に繋がると思います。

宜しければこちらの記事もご参照下さい。

1.プログラミングは、なぜこれからの時代の必須スキルになっていくのか?

2.プログラミングを覚えるメリット

3.プログラミングが出来れば就職にも有利(Byホリエモン)

4.あなたがプログラマーになった世界

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。