SENSE SHARE
2016.06.14    2018.06.21

プログラマーが出てくるお薦め漫画(王様達のヴァイキング:是枝一希)

プログラマーが出てくるお薦め漫画(王様達のヴァイキング:是枝一希)

本記事の内容

こんにちは、ハルジオンです。

王様達のヴァイキングという漫画を知っていますか?

ビッグコミックスピリッツで連載されている漫画なんですが、
受講生さんに教えてもらって以来どハマりしてます(^^)

王様達のヴァイキングとは?


主人公の是枝一希(これえだ かずき)は、小さな頃からPCが友達で
PCにのめり込んでいくうちに、優れたハッキング能力を身につけました。

高校を中退してからバイトもすぐにクビになり、
何をやっても上手くいかない日々の中で、
憂さ晴らしにハッキングでサイバー犯罪を繰り返していました。

そんな中、ひょんなことからエンジェル投資家の坂井大輔(さかい だいすけ)に拾われ、
ハッキングスキルとサイバー犯罪者たちの思考が読めるということを武器に、
ホワイトハッカーとしてサイバー事件を解決しながら成長していくという物語です。

専門的な部分までリアルに描かれている


ストーリーの展開やキャラクターの魅力はもちろん、
この漫画の面白いところPCの専門的な部分までリアルに描かれている点です。

使用しているPCやハッキングの手法、
作中に登場する会社が開発しているWebサービスの運営の様子、
是枝がサイバー犯罪者たちを追い詰めるために自作するツール群などなど
現実にあってもおかしくないくらいリアルに描かれています。

必要なツールを何でも自作していく、という思考は僕も一緒です(^^)

プログラマーの指紋照合システム


作中で是枝は、「プログラマーはそれぞれソースコードに個性が出るから、
それを解析するツールを作って犯罪者を追い詰める」ということで
サイバー空間での「指紋照合システム」のようなものを自作しますが、
これもとても共感出来ますね。

プログラマーによって

・変数名や関数名の付け方
・インデントやスペーシングの癖
・コメントの書き方
・ソースコードの分け方や配置の仕方

など、どうしても癖が出てきます。

ソースコードを見る人が見れば、
それを「誰が作ったか」分かるということですね。

僕の講座では、上記のような点をどのように書いていけば良いか
ということも説明していますが
やはり生徒さんによって多少の個性が出てきます。
それがまた面白いところでもあるのですが(^^)

ちなみに、4巻でATMの不正アクセスを捜査する際に
ATMのソフトウェアを作った開発会社に赴き、ソースコードを解析するのですが
そのソースコードの命名やコメントがとても面白いです(笑)
是非、読んでみてください。

それではまた。

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。