SENSE SHARE
2012.12.05    2018.05.28

プログラミングセンス

プログラミングセンス

本記事の内容

プログラマーにセンスは必要か。
もし必要ならば、それはどんなセンスなのか。
今回は、プログラムを書くときに僕を助けてくれる
3つのセンスについてお話したいと思います。

プログラマーに必要な3つのセンスとは


こんにちは、ハルジオンです。

今日は僕なりに考える、プログラマーのセンスについて書きます。

僕が考えるプログラミングセンスは以下の3つです。

  • サーチ能力
  • バグを見つける勘
  • 必ず動くものと信じて取り組むマインド

一般的に言われているセンスとは、
ちょっと違うかもしれません。

でも実務上、これらによって
僕はやってこれています。

サーチ能力


まず、サーチ能力ですが、
毎回同じロジックを書くなら頭で覚えておけますが、
実際には、毎回分からないロジック
覚えていないものが殆どです。

その際に、いかに早く事例を見つけられるか、ということです。

具体的には、
Googleに入れる検索フレーズのセンス
検索結果から、求めている情報が載っていそうなサイトをピックアップ出来るセンス
英語に臆さない勇気(笑)

最後はセンスじゃなくて、勇気になってますが(^^;
これも何気に重要です。

新しい情報だと特に、日本のサイトに情報がないケースがあるので
海外のサイトに行き着くことがよくあります。

そこで英語アレルギーが出てしまうと
得られる情報も得られません。

読んでみると、何となく分かるものなので
臆さず、飛び込むことが重要です。

まぁ、翻訳機能とかもありますしね(^^)

まずはこんなとこです。
残り2つは次に続きます。

関連記事

プログラミングセンス2
2012.12.06
プログラマーに必要だと思う3つのプログラミングセンス。今回は2つ目の「バグを見つける勘」について書いていきます。僕はこれが一番重要だと思っています。なぜならば…

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。