独立系プログラマーのノウハウ

オペレーティングシステムとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

オペレーティングシステムとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

こんにちは、徳田です。

「プログラミング初心者のための分かりやすい用語講座」シリーズ

今回は、オペレーティングシステムについてお話します。


オペレーティングシステムとは


オペレーティングシステムとは、
パソコンの「基本システム」のことです。

パソコンが、情報を画面に表示したり、を出したり、
マウスやキーボードからの入力を受け付けたりすることが出来るのは
オペレーティングシステムのおかげです。

オペレーティングシステムは「OS(オーエス)」とも略されるので
こちらのほうがよく耳にする言葉かもしれませんね。

パソコン上で動くソフトウェア(例えばブラウザやメールソフトやExcelなど)は
全てこのOS上にインストールされ、OS上で動作します。

そのため、OSによって対応しているソフトと
対応していないソフトがあるのです。

現在、一般的に利用されているOSとしては、以下の3種類があります。

  • 1.  Windows
  • 2.  Mac OS
  • 3.  UNIX系OS

Windows


Windowsは、マイクロソフトが開発したOS
世界で最も多く利用されているOSです。

Windowsは様々なメーカーのパソコンで動かすことが出来るため
国内(NEC、富士通、SONY等)や海外(DELL等)
パソコンメーカーは同梱OSとしてWindowsを採用しています。

利用者が多いため、対応しているソフトも多いのが特徴です。

Mac OS


Mac OSAppleのMacintosh(マッキントッシュ)専用のOSです。
Macを使う場合は必然的にこのOSになります。

Windowsよりも対応しているソフトは少ないですが、
最近ではそれも多くなってきており、
プログラミングを行う上ではMacでも全く問題ありません

僕自身もメインはMacを使用しており、
動作確認用のサブ機としてWindowsを使用しています。

長年使っていますが、Macの方がWindowsよりも
動作が安定している印象があります。

UNIX系OS


UNIXは、古くからあるOSで、現在は様々な派生OSが存在しています。
Linux、CentOS、Ubuntu、FreeBSDといった派生OSが有名ですね。

(厳密にはLinuxやBSDは正規なUNIX派生ではないのですが
 UNIX系のOSとして分類されています)

UNIX系OSは、主にサーバー用のOSとして使用されており
レンタルサーバーなどはこのOSが使われています。

OSについてはこれら3つのタイプを覚えておきましょう。

プログラミング初心者のための分かりやすい用語集はこちら

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。