SENSE SHARE
2016.06.24    2018.06.06

Webプログラマーの年収って実際いくらなの?

Webプログラマーの年収って実際いくらなの?

本記事の内容

プログラマーの収入はどのくらいなの?
これからプログラマーを目指す方や今の収入に満足していない方へ、
どんな働き方をすれば高収入が狙えるのかなど、
今回から数回に渡って、収入別に見ていきます。

プログラマーの収入には幅がある


こんにちは、ハルジオンです。

プログラマーの年収って実際のところいくら位なの?という質問をよくされます。

実際、一口にプログラマーといっても、
その働き方や勤めている企業によって結構幅があります

これから連載形式で、プログラマーの年収の実態と、
高い年収を狙っていく方法収入別に解説していきます。

これからプログラマーを目指す方、
現在プログラマーとして働いているがもっと上の年収を目指したい、
という方はご参考にしてみて下さいね。

Webプログラマーの初任給は300万円台


Webプログラマーの年収は、企業やそこでの役割によって様々ですが
一般的な職種よりは良い待遇な方だと思います。

求人サイトで、Web系/オープン系プログラマーで調査してみたところ
今は、入社2、3年で年収400~600万くらいが多いようですね。

多分、初任給は300万円台くらいだと思います。

まあそれでも、楽しく仕事が出来て肉体労働のように辛いわけでもなく
そこそこの給料がもらえるのはうれしいですね。

何より、求人サイトを見てもらえば分かる通りいつでも求人が多いですよね。
転職するにも有利ということです。

Webプログラマーで年収1,000万円越えは可能か?


可能です。

僕も前職では、年収は1,000万円をちょっと越えるくらいでした。

これは、プログラマーとしてだけでなく、SE(システムエンジニア)という
顧客の要件定義や、設計などの「上流工程」と呼ばれる仕事が
出来るようになってくると見えてきます。(もちろん、企業によりますが)

雇われプログラマーで年収1,000万円を超えている人は
それほど多くは無いと思いますが、僕の知り合いにも何人かいます。

ただ、僕の感覚では、雇われプログラマーではこの辺りが限界に感じました。

当然ですが、企業に属する場合は、年収が上がるとその分、
求められる役割や責任も大きくなり大変になります。

僕は時間が自由にならなくなってきたので独立してフリーになりました。

年収別の狙いかた


どの年収を目指すにしても、プログラミングの技術を覚えておくことは
将来のリスクを軽減させる意味でも、有効です。

次回以降は、年収別の具体的な狙い方を書いていきます。

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。