SENSE SHARE
2013.01.20    2018.06.02

未来はすぐそこまで

未来はすぐそこまで

本記事の内容

本や映画の世界でしか見られなかった、様々な未来型デバイス。
それらは今、もう少しで手が届く…という所まで来ています。
そして、また僕たちプログラマーのフィールド(遊び場)が、
どんどん広がっていくのを感じます。

次世代デバイス「Google Glass」


Google Glassってご存知ですか?

Googleが進めている、メガネ型デバイスの開発プロジェクトです。

正式には「Project Glass」というプロジェクト名です。

これがかなり画期的で、
メガネのフレームに搭載されたPC(Android端末です)により
様々な情報がレンズを通して、視界に表示されます。

ドラゴンボールのスカウターみたいな感じです。

オフィシャルの動画あるので見てみて下さい。

Google Glassの写真は以下から見ることができます。
https://plus.google.com/+projectglass/posts

すごくないですか?
まさに近未来って感じです。

現在開発を進めており、2014年の一般発売を目指しているそうです。

ネットにも繋がるようなので、可能性は無限大です。

動画にもあるように、
地図情報と連携してナビゲーションを表示したり、
メールを手を使わずに確認したりといったことはもちろん、

例えば、顔認識技術と連携させれば、
目の前に会っている人の情報をFacebookのプロフィールから表示したり、
その人のツイート履歴を表示したり、なんてことが出来そうです。

まさにスカウターですね^^

QRコードと連携すれば、
スーパーで売っている野菜の産地や生産者情報を表示したり、
その食材を使ったレシピを表示したり、、、

いやー、なんかターミネーターにでもなった気分。

あとは、業務手順をマニュアル化してデータ化しておけば
初めての業務でも、まるで目の前で教えてもらっているかのように
目視で確認しながら作業することも出来そうです。

プログラマーの活躍の場はますます多彩に


僕らプログラマーとしても、こういったものが普及すると、
アプリケーションの形態がかなり変わってきますね。

21世紀になって、車はまだ空を飛んでいませんが、
僕的には、スマートフォンの発明は未来への大きな一歩だと思っています。

そして、Glassのような次世代デバイスが
さらに僕たちを未来に連れて行ってくれるでしょう。

それも、ほんの1、2年後の話です。

ハードウェアやインフラが整えば、
新たなソフトウェアやサービスのニーズが生まれます。

Web開発アプリ開発の技術はこれから
もっと求められていくと思います。

そこが、僕たちプログラマーのフィールド(遊び場)です。

あなたも、そんな未来を創っていく仲間になりませんか?
わくわくする事を考え、実現する。
とても楽しいですよ!

興味があればぜひ、僕のメルマガを読んでください!

それではまた!

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。