フルスタックエンジニアのノウハウ
2020.11.11    2020.11.12

Webエンジニアとして就職/転職するための【具体的学習戦略】

Webエンジニアとして就職/転職するための【具体的学習戦略】

プログラミングを学んで就職または転職をしたいけど、
自分がプログラマーとして働くことが出来るのか?


という不安を感じている人も多いと思います。


実際、最近ではプログラミングを学んでいる人がとても多く、就職したり、仕事案件を獲得する際の競争率も高くなっているのが現状です。


そんな中、どのようにしてプログラミングスキルをアピールしていけば良いのか?
就職や転職を目的とした場合、どのような考え方でスキルを学んでいけば良いのか?


今回は、プログラミングスキルを身につけて、Webエンジニアとして就職、転職するための【戦略をお話していきます。



基本戦略


あるIT企業に「Webエンジニアとして就職したい」と思った際、企業側が一番重要視するポイントは何でしょうか?


スキル?学歴?年齢?保有資格?やる気?将来性?人間性?


もちろんどれも重要で、企業によって重要視する部分は変わってきますが、基本的にWebエンジニアを採用する際は、その人が「何を作ることが出来るのか」ということを見ています。


つまり、「戦力になるのかどうか」ということです。


新卒の場合は、企業側で教育体制が整っていれば、すぐに戦力になるかどうかよりも人間性や将来性を重視したりもしますが、それでも戦力になることをアピール出来れば強いです。

中途採用の場合は必須です。


Webエンジニアの仕事は「もの」を作ることです。


実際に作ってみると分かりますが、どのようなアプリを作るにしろ、プログラムにはある程度の共通点があり、Webエンジニアは皆、過去に作った経験や資産を応用しながら仕事をしています。


例えば、


過去にお問い合わせフォームを作ったことがある人なら、別のクライアント用にもう1個お問い合わせフォームを作ることは簡単に出来ます。


過去に本格的なECシステムを作ったことがあれば、その経験と資産を応用して、ネットオークションシステムなどを作ることが出来るかもしれません。


もし、その企業が「ECシステムの開発・改修案件」を多く抱えていたとしたら、ECシステムを作ったことがある人材は即戦力となるため、欲しいと思うでしょう。


その際に学歴や年齢や資格は二の次です。


つまり、その企業に戦力として見てもらえるような制作実績を持っていれば、大きなアピール材料になるわけです。


逆に言うと、「そのような制作実績を揃えること」が学習時の目的になります。


そのため、プログラミングを学ぶ時は、プログラミングの構文や文法などの知識を学ぼうとするのではなく、目的のものをまず決めて、それを作るための「方法(手順)」を学ぶのです。


具体的には、以下のような流れです。



STEP1


まずは、プログラミングでアプリを作る際の大まかな流れを学習します。


画面はどういう方法で作っていくのか?
機能を持たせるためにはどうすれば良いのか?
作ったアプリを公開して使ってもらうにはどうすれば良いのか?


これについては、別の記事でも詳しく説明しているので、ぜひそちらも参考にしてみてください。


関連記事

【Webプログラミングの始め方】スキル0⇒1のためにやるべき具体的な手順(初心者向け)


アプリ開発流れが何となく分かったら、すぐに最初のアプリを作り始めていきます。


ここで重要なのは、使えないサンプルプログラムを作るのではなく、シンプルなもので良いのでいきなり実用的なアプリを作ることです。


もちろん最初は分からないことだらけで、作ったプログラムが上手く動かないことも多々ありますが、解決方法をネットで調べながら、まずは決めたアプリの完成まで突っ走りましょう。


書いたものが上手く動かないのは「普通」のことです。


そこで焦ったり、イライラしたりせずに、
その問題解決にこそ本当のプログラミング学習があると考えましょう。


また、どうしても自己解決できない時は、サポートを受けることも大事です。

的確なアドバイスをくれるメンター(師匠)を見つけましょう。


自分の作ったプログラムが少しずつでも実際に動くのを確認しながら進めていくと、上達が実感出来ますし、作ったものが動くのは何より楽しいです。


細かい文法などは作った後で「あ、こういうことだったのか」という感じで学んでいけばいいんです。この時、点と点が繋がるように理解度が増すのが分かると思います。



STEP2


最初のアプリを完成させることが出来たら、次はそれを応用してさらに高度なアプリを作っていきましょう。


すでにあるアプリを模倣して練習してもいいですし、オリジナルアプリを作っても良いです。


こうやって、自分の開発実績を増やしていきます。


開発実績をまとめておけば、それが自分のポートフォリオになります。



STEP3


就職(転職)したい企業があれば、その企業の制作実績や業務内容などを調べ自分の開発実績に同じカテゴリーのものがあれば、それを元に戦力になることをアピールしましょう。


もし無ければ、作れば良いだけの事です。


「プログラミングスキルを学んで、どこかの企業に入れたら良いな」ではなく、

「その企業に入るために、その企業が必要としている人材になるためのスキルを学ぶ」のです。


その企業にとって、自分はどんな貢献ができるのか?
自分を採用すると、その企業はどんなメリットがあるのか?


それを具体的にアピール出来るようにしましょう。


さらに、アピールする際は、技術面だけでなく自分のヒューマンスキル(得意分野やこれまでの仕事での実績、リーダーシップスキル、営業スキルなど)も合わせてアピールしましょう。


会社はチームで回るものなので、その中での立ち位置もイメージさせることが出来ればさらに良いです。


こういった点は、若い人よりも社会経験豊富な人のほうがアピール出来るポイントは多いですね。



今日からチャレンジしよう!


以上が、プログラミングで就職/転職するための戦略になります。


プログラミングを学ぶのに、遅いことはありません。


実績づくりということを念頭において学習を進めていけば、学校等で何年もかけて学ぶよりもずっと短縮した期間で戦力としてアピール出来るスキルが身につけられます。


まったくの未経験者でも、早い方は数ヶ月程度で自分のポートフォリオが完成します。


もちろん、プロとして仕事が出来るためのスキルを学んでいくことになるので、学んでいく中ではぶつかる壁もたくさんあり、大変なこともありますが、プログラミングスキルを身につけることで得られるメリットはとても大きく、チャレンジする意味はあると思います。


たった一度きりの人生です。


ぜひ今日からチャレンジしてみてはいかがでしょうか?


なお、僕の講座では、僕が直接メンターとなり、今回説明したような流れで実際のWebアプリをいくつも作りながらプログラミングスキルを学んでいきます。

ご興味があれば、ぜひご参加ください!

この記事の動画版はこちら

チャンネル登録お願いします!


おすすめ記事
無料メルマガ配信中