SENSE SHARE
2012.09.30    2018.02.15

フリーランスのプログラマーはどうやって仕事を獲得するのか?

フリーランスのプログラマーはどうやって仕事を獲得するのか?

本記事の内容

フリーランスのプログラマーとして仕事とする場合、
一番のネックになるのは「営業活動」です。

このページでは、フリーランスのプログラマーが在宅で仕事を獲得する際に
役立つサービスについてご紹介します。

フリーランスの強い味方「Lancers(ランサーズ)」


Lancers(ランサーズ)というサービスをご存知ですか?

Lancersは、クラウドソーシングサイトの1つです。

クラウドソーシングサイトとは、
Webプログラミングや、Webデザイン、ロゴデザイン、コピーライティングといった
様々な「お仕事情報」が掲載されているサービスです。

フリーランスの間では「クラウドワークス」などと並び、
結構有名なサービスです。


Lancersには、上記のような様々なお仕事情報が常に掲載されており
アカウント登録すると、そういった仕事案件に対して
提案を出すことが出来ます。

自分の提案が採用されれば、提案型の仕事の場合は報酬がもらえたり
受託型の仕事の場合は、実際の仕事が受注出来たりします。


冒頭でも書きましたが、フリーランスでプログラマーやデザイナーとして
仕事とする場合、一番ネックになるのは実は「営業活動」です。

企業では優秀なプログラマーが「俺はフリーで独立する!」と意気込んで
いざ独立してみると・・・

そもそも仕事が全然受注できなくて、
また再就職する。

なんて人も結構見てきました。


フリーランスで仕事をするなら
仕事を受注できる営業スキル、もしくはコネが必要だったわけです。


でも、最近はLancersのような
クラウドソーシングサイト(仕事マッチングサイト)も増えてきたので
そういった受注に関するネックはなくなりつつあります。


Lancersには結構いい仕事が落ちてます。

開発系なら数万~数百万まで様々な種類のものが
途切れることなく登録されています。

僕自身も利用しています。


ちなみに、開発系以外にも例えば

「商品のネーミング募集」といった

アイデア次第で誰でも出来る案件も結構あるので(数千円程度ですが)
お小遣い稼ぎになるかもしれません。

興味があれば、以下から登録してみて下さい。

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。