フルスタックエンジニアのノウハウ

文字コードとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

文字コードとは? | プログラミング初心者のための分かりやすい用語解説

平仮名や漢字などの「文字」はコンピューターはそのまま扱うことが出来ません。

これらの文字をコンピューターが扱える数値(16進数)に置き換えた
対応表のことを「文字コード(表)」と言います。

文字コード表には、派生により多くの種類があります。

例えば、Shift_JIS、EUC-JP、UTF-8といった文字コードは有名ですね。

これらは、それぞれコード表(文字とコードの対応表)が異なり、
例えば「あ」という文字は、UTF-8なら「E38182」というコードですが
Shift_JISの場合は「82A0」になります。

そのため、ソースコードや、システムで扱うデータ、ブラウザへの表示指示などで
文字コードを一致させておかないと、誤動作や文字化けを起こす原因となります。

Webプログラミングではどの文字コードを使えば良いのか?


UTF-8は、世界標準とも言うべき文字コードとなっており、
多くのブラウザで標準サポートされています。

Webプログラムは、インターネット上に公開され、様々な文字が入力される可能性があり、
また、外部のプログラム(時には海外の開発者が作成したプログラム)とも連携することが多いため
誤動作を起こさないよう、基本的にはUTF-8を使用します。

無料メルマガ配信中