SENSE SHARE
2016.06.29    2018.06.07

Webプログラマーの年収(年収500万円レベルの狙い方)

Webプログラマーの年収(年収500万円レベルの狙い方)

本記事の内容

Webプログラマーで年収500万円を稼ぐには。
前回の年収300万円から、どのようにすれば
収入アップできるのかを詳しく解説していきます。
方法はいくつかあります。
自分に合った道を選んでいきましょう。

年収500万円をもらうには


前回は、プログラマーで年収300万円の取り方を書きました。

次は、年収500万円クラスを狙ってみましょう!

年収500万円というと、平均月収にすると42万円くらいですね。

企業に勤める場合、このくらいのレベルになると
ただ言われたまま作るだけのプログラマーだと難しくなってきます

ですので、その後は以下のようなスキルアップが必要になってきます。

1.上流工程と呼ばれる、お客さんの要望をシステム設計に起こす「設計工程も担当できるSE」になる
2.プログラマーをまとめて「管理指示できるチームリーダー」になる

会社というのは基本的に、その人が

会社に対していくら貢献しているのか(金額)
その人がいないとどの程度痛手があるのか

という点で評価(給与)も決まってきます。

SEになって


前者の上流工程が出来る人(SE)は、
顧客から取れる金額(人月単価)が、プログラマーよりも高いので
その分、会社にとっても稼げる人材ということですね。

チームリーダーになって


後者は、チームメンバーそれぞれの仕事の状況を把握し、指示を出したり
サポートしたりと管理側にも仕事の幅を広げ、開発スピードや質を上げていく事に貢献します。

チームをまとめて、1馬力以上の稼ぎを出していけるほうが
やはり会社からの評価は高くなります。


もちろん、SEのスキルも身につけてチームのリーダーにもなる、という
両方が出来れば年収の大幅アップも見込めるでしょう。

プログラマーが年収をアップさせるもう1つの方法


それと、年収を上げていくもう一つの手としては、転職があります。

ひとつの会社で実績を作って、別の会社に転職

このとき、たいていは前職の給与が考慮されて
同額以上の交渉が可能です。(当然、評価によりますよ)

ひとつの会社で給与アップを交渉していくより
実は爆発的にステップアップしていく近道だったりします。

実際、僕の元同僚にもそういった形で年収をどんどん上げていった人が何人もいます。

求人が多く、支払う財源も多い、この業界だからこそ
使えるテクニックかもしれませんね。
(儲かっていない企業には使えませんが)

そんな感じで上げていけば、年収500万円
数年で十分到達できるレベルかなと思います。

さらに上を目指すなら…


以上は、企業に勤める「雇われプログラマー」の場合ですが
フリーランスとか、自サービス運営の路線なら全く違ってきます

自分の事業なわけですから、ビジネスモデル次第
年収はどうにでもコンロールできますね。

自分でビジネスをやるようになると、年収1,000万円なんて
あっという間に超えます。

この辺りは次回の記事で書いていきたいと思います。

まとめ


ということで、年収500万円までの道は
1.実績作り
   ⇓
2.どこかの企業に入社し、給与をもらいながら、実績作り
   ⇓
3.スキルを上げて出来ることを増やし、給与アップ
   ⇓
4.場合によっては転職やヘッドハンティングで加速度的に給与アップ

という流れか、

2か3の段階で、独立して自分のサービス(事業)を大きくしていくか

という感じで目指していけば良いと思います。

僕の場合は、1→2→3→4→自己サービス
という流れですね。

4の段階で年収1,000万円ちょっとになりました。

次回は、1,000台を狙うやり方をみてみましょう。

この連載の他の記事

関連記事

Webプログラマーの年収って実際いくらなの?
2016.06.24
プログラマーの収入はどのくらいなの?これからプログラマーを目指す方や今の収入に満足していない方へ、どんな働き方をすれば高収入が狙えるのかなど、今回から数回に渡って、収入別に見ていきます。

関連記事

Webプログラマーの年収(年収300万円レベルの狙い方)
2016.06.28
Webプログラマーで300万円稼ぐ!これはプログラマーとして企業に就職すれば初任給でも可能な額です。では、どのような人材を企業は欲しがるのか。元採用担当の僕が面接でのポイントなどをお教えします。

関連記事

Webプログラマーの年収(年収1000万円レベルの狙い方)
2016.06.30
Webプログラマーで年収1,000万円を稼ぐ方法。プログラマーが年収1000万円なんて無理…そんな風に思っていませんか?やり方次第では、それ以上稼ぐ事だって可能なんです。

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。