SENSE SHARE
2013.05.11    2018.06.13

プログラミング web

プログラミング web

本記事の内容

Webプログラミングって、そもそも何でしょうか?
今回は、「Web」「プログラム」「プログラマー」
分かっているようで説明できない…
そんな用語を簡単に解説していきたいと思います。

Webプログラミングって


こんにちは、ハルジオンです。

Webプログラミングって、そもそも何でしょうか?
という話を書いてみます。

簡単に言ってしまうと、Webプログラミングの「Web」とは
インターネット(WorldWideWeb)」のことです。

インターネットの技術を利用しているプログラム
これらを総称して「Webプログラム」と呼んでいます。

そして、それを作る人が「Webプログラマー」ですね。

要するに「ブラウザー上で動くプログラムを作っている人=Webプログラマー
で大きな意味では間違っていません。

これから先、インターネット利用者がさらに拡大し、
スマホやタブレットなど利用するシーンも多岐に渡る中、
Webプログラム(アプリケーション)はより多く望まれていくでしょう。

それらを作れるWebプログラマーの需要
ますます大きくなっていくと思います。

今のうちにWebプログラミングを身につけておきましょう。
これから先、まだまだ役に立つスキルとなります。

この記事があなたのお役に立てたなら、
いいね!クリックをお願いします!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。